業者選びの注意点

安い価格表示の裏には、やはりそれなりのカラクリあり!

大切なマイホームにシロアリが出てしまいました!大変です!

早急に駆除業者を探さないと。でもどこに頼んだらいいんだろう・・・

駆除してもらうのには安い方が当然いい。

そしてすごく安い価格を表示している業者が見つかりました。あ~よかった。

でもホントにその業者大丈夫ですか?

誰しもコストはなるべく低く抑えたいものです。安い方がよいに決まっている。

しかし、本当にその業者はそんな格安料金で仕事としてやっていけると思いますか?

駆除業者も1つの依頼をこなすのにタダで仕事が行えるワケではありません。

どんな仕事でも当然ながらそこには人が働き、物を消費します。

当然そこには人材や交通費、物資を維持し、サービスを継続していくための膨大なお金がかかります。

安い価格表示の裏にはやはりそれなりのカラクリが隠されているのです。

下記は害虫駆除の業界に横行している実例を1つご紹介いたします。

害虫駆除の業界に横行している実例

下請け業者は、全国に下請けの依頼の電話をし、格安の単価で仕事を受けます。

さらに、「最終的に依頼主が支払う金額」から、紹介料として約3割も引かれてしまいます。

下請け業者間での競争も激しくなっており、不利な条件で仕事を依頼されたとしても、受けざるをえないことが多いのです。

紹介料として、売上の3割をもっていかれるため、普通なら一件の仕事に大幅な赤字が出てしまいます。

格安の単価だけでは大赤字になってしまうため、下請け業者は追加工事を行い、料金を加算し合計金額を上昇させます。

ご注意ください!

格安料金で全国にサービスを展開しているような企業は受注した仕事を下請け業者に紹介します。

下請け業者はブローカー業者から格安の単価で仕事を依頼され、しかも紹介料として、売上の約3割をもっていかれるため1件の仕事に大幅な赤字が出てしまいます。

利益がないと下請け業者は当然のことながら倒産してしまいますので、追加工事費の名目でどうしても加算しなければ仕事が続けられないという状態に陥ります。

これが格安の単価で誘客する某業者の構図です。

岡山住宅サービス株式会社
会社概要
お問い合わせ

0120-68-8200